kimura

アパレル

服のパーツ端構造と表現の基礎

服の絵を書いたりCG服のモデリングをするときに、リアルなものを作りたいのであればパーツ端に注意すると表現の解像度が変わります。パーツ端は絵や3Dオブジェクトにおける輪郭に相当するため影響が大きいと考え...
アパレル

服のシワ・折り目形状と方向の基礎

服のシワについての考え方やメカニズムのようなことをアパレル側の人間目線で書いていきます。主にCGで服を作る人や造形師の方など、実際の服を作成していない人向けの内容です。アパレル側の人でも専門学生や実務に入って間もない人には参考になることもあるかもしれません。
CLO 3D

CGクリエイターが「パターン/縫製仕様」のスキルを効率よく学習する方法

アパレル側の人間目線で、アパレルの製造にくわしくない人にパターン/縫製仕様を伝える・勉強してもらうのであればどういった点に注目・注意したほうが良いのかという事を記事にしています。 ゴール設定によってどの順番で学べば良いのか、何を参考に学ぶのかは変わってくると思います。
IT

3DCAD・デジタルファッションが日本アパレルに浸透しない理由

3DCADやデジタルファッションはコロナの時期を起点に注目を集め技術やツールも日をおうごとに発展しています。海外に比べると日本国内の浸透具合は遅いです。 日本に浸透されるためには複数の壁がありますがその課題自体が広く認識されていないことも問題です。浸透しない理由を考察していきます。
CLO 3D

CLOにMixmoのアニメーションを適用させる手順

記事の内容は【MixmoのアニメーションデータをCLOで使用する流れについて】です。 CLOへのアニメーションデータ適用手順がわかっていれば、Mixmo以外のデータもどのように使うのか・どういった手順で進めれば良いのかが分かってくると思います。
CLO 3D

CLOで複数UVにパーツを分けて配置する手順

CLOにはUV配置最適化、という機能があります。UVのマスに自動でパーツを整理しつつ配置してくれる機能です。 今回は複数のUVマスに効率よく配置する手順を書いていきます。1マスに全てのパーツを配置したいときは自動配置機能を使って、気になるところは手動で調整すれば十分です。
CLO 3D

CLOで三面図を使いバランス確認する方法

CLOで三面図を使っていく方法と注意点を図解入りで解説しています
CLO 3D

UEのMetaHumanをLiveSync経由でCLOに持ち込む方法

MetaHumanをCLOにインポートするまでの手順を日本語UIで説明します。MetaHumanをFBXとしてエクスポートしてCLOに持ってくることも出来ますがLiveSyncを使えばデータの相互移動が楽になります。
CLO 3D

MixmoからCLOにインポートするアニメーションを無料でのばす方法

MixmoのアニメーションをCLOにインポートするとループしません。 Marvelous Designerではアニメーションをループさせる機能がありますがCLOにはないため、操作が必要です。 今回はCLOでMixmoのアニメーション時間を無料で伸ばすための手順を書いていきます。
アパレル

パタンナーの転職方法7選とそのメリット・デメリット

パタンナーとして転職を考えた時どのような方法・選択肢があるのかについての記事です。7つの方法をあげて想定されるメリット・デメリットを書いいます。転職方法自体を知らないと調べようがないので参考にしてもらえばと思います。