kimura

アパレル

パタンナーの転職方法7選とそのメリット・デメリット

パタンナーとして転職を考えた時どのような方法・選択肢があるのかについての記事です。7つの方法をあげて想定されるメリット・デメリットを書いいます。転職方法自体を知らないと調べようがないので参考にしてもらえばと思います。
アパレル

アパレル業界を目指すひとへ10個のアドバイス

アパレル業界に進んでみたいけど何に気を付けたら良いのか分からない。業界に入って間もないがどう動けば良いか情報が出ていないというひと向けの記事です。学生や新人のときの自分に向けてアドバイスするならという仮定で内容を考えました。 数多くある考え方のひとつとして気軽に読んでください。
CLO 3D

CLO ニット機能 一覧

CLO2024.0で追加された、テクスチャのニット機能について書いていきます。 ニット機能はレンダリングに時間が掛かるので全種類を変えて試しているとかなり時間をロスしてしまいます。出力した図解を並べていくので、参考になればと思います。編みの構成については書いていません。
CLO 3D

CLO ver2024.0 所感

CLOの新verである2024.0のアップデートがきました。 これまでのようなナンバリング(ver7.3など)ではなく西暦が名称に付くようになったようです。 多くの変更が入りましたが、その中でも特に気になったものについて書いていこうと思います。
デジタルファッション

アパレル3D・デジタルファッションの仕事を個人で受けるメリット・デメリット

どんな仕事もスキルや環境次第で個人受注は可能です。デジタルファッション分野の仕事に関して、自分の経験も含め知っておいた方が良いと思われることや、注意点などをまとめました。 置かれている状況により書いている内容がメリットになるのかデメリットになるのか逆転することもあるでしょう
CLO 3D

CLOのデータをblenderに持ち出す手順

CLOで作成したデータをBlenderでレンダリングするための簡易的な流れを説明します。基礎的な内容ですのでほとんど3Dツールを触ってこなかったという人を対象に書いています。 最初の一歩が全く分からない状態ではどう調べて良いのか分からないまま何もできない、を解決します。
CLO 3D

CLOで写真からシワ用ノーマルマップを作る方法

スマホとCLOのみで簡易的なシワ表現を作成していくする方法を説明します。substance系のソフトを使いテクスチャを作りこむのが理想ですがソフト使用料や工数を考えるとそこまでのクオリティでなくとも問題ないという時もあります。そういった時に使ってみてください。
CLO 3D

CLOで写真から生地テクスチャを作る方法

今回の記事では手元にある布を撮影して生地テクスチャを作りCLOに反映させる手順を書いていきます。 スマホのカメラを使った手順を書いていきますので機材などが揃っていない方でもできる内容になっています。 時間などのコストを余りかけずに、簡易的にイメージを確認したいという時に便利です。
CLO 3D

CLO 3Dでパーツが暴れる・安定しないときの対処法 3選

CLOでパーツが暴れる原因とその対処法を3つ並べてみます。 色々な原因でこうなってしまうことがあるのですが、これから説明する3つを押さえておけば大体解決します。 【パーツの暴れ】とは、シミュレーションをしている時に時間が経過しても形状が落ち着かない状態の事を指しています。
CLO 3D

CLO/MD to UE LiveSyncの使い方

CLO/MD Live Syncの使い方をUI含めすべて安心して読み進められるように使っているソフトの表示はすべて日本語にしています。 英語表記の方が分かりやすければ公式があげているYouTube動画などを見てみることをオススメします。