CLO 3D

CLO 3D

シャツ:シワの入りかた参考図解

シャツのシワがどのように入るのか、を参考にしてもらうためだけの記事です。シャツの形は少し肩が落ちていて全体的にゆとりがある形状で生地は少しだけ張りがある物性です。 生地に5㎝四方の方眼を入れて、方眼の歪みかたや途切れかたで布が立体的にどう動いているのかを視認しやすくしてみました。
CLO 3D

CLO3D で地面との衝突を回避・修正する方法

今回の記事の内容は、CLOで地面と布パーツとの衝突を回避する方法です。 CLOで靴下のように足に布をつけるものや靴を自作したいときなど地面との衝突が邪魔することがあります。衝突により形状が歪んだり布が入り込む隙間がなくてアバターが貫通してしまったりします。
CLO 3D

アパレル3DCAD(CLO)の学習方法 7選

CLOを本格的に始めるときにどうやって学習するのか効率的に覚えるにはどうすればいいのかについか書いた記事です。ご本人のベーススキルや時間や金銭的な余裕によって変わり、どの方法を選んだとしても一長一短です。 無料・有料の方法とそれらのメリット・デメリットを書いてみたいと思います。
CLO 3D

CLOは型紙をひけないと使う意味がない?

CLO3DはDXFデータの型紙を読み込み、3Dデータに組み上げていくというのが一般的な操作の流れです。 服の型紙を自分でつくることができないとCLOは使いこなせないのか?という疑問に個人的な視点でお答えします。
CLO 3D

CLO 3Dとstyle3Dの比較

今回はCLO3Dとstyle3Dがどのように違うのか比較した内容を書いた記事です。CLOもstyle3Dも今後のアップデートなどによって使用感や機能などは変わってくると思いますが、現時点での比較をみていただければどちらを使ってみるかの参考になると思います。
CLO 3D

CLO3DとMDのアップデート EveryWearのまとめ

CLOとMDにEveryWearという機能が追加されています。情報が散らばっているのでざっくりした情報の収集と自分の所感だけお伝えします。 公式で流れている動画を見ると、VRchatやブロックチェーンを利用したゲーム、UEへCLOで作成したデータを繋げやすくする機能のようです。
CLO 3D

CLO3DとMDの違い

CLO3DとMDは同じ開発は同じ会社ですが設計上の違いがあります。2つを使ったことがある経験も踏まえて感じた違いを記事にしています。どちらのソフトを試してみるのか悩んでいる人は参考にしてみてください。
CLO 3D

アパレル3DCAD どのソフトから始めるべきか

日本でアパレル3DCADをつかうのであれば現時点では基本的に4つに絞られます。 今回の記事は、どのソフトから学習を始めるのが良いのか?という質問・悩みについて書いてみます。いきなり結論ですが何からはじめてもいい問題ありません。ちゃんと理由はありますので順番に書いていきます。
CLO 3D

CLO3D 基本的な作業の流れ

CLOなど3DCADで作られた服のデータは見たことがあるけれど、どういった流れで作られているのか知らない人向けに大まかな流れを図解込みで説明しています。流れを把握していただくのが目的ですので細かい内容や作業は省いており気楽によんでいただける内容になっています。
CLO 3D

3DCADで作成できる代表的なデータ5種類とその内容説明

3DCADの存在は知っているけれど実際にどのようなデータを作成可能かわからないという人のための記事です。 主に使われている5種類とその内容を説明します。CLOを使う場合として書いていますが、他のアパレル3DCADでも基本的に同じだと考えて問題ないと思います。